ダーナとは?

ダーナのはじまり

1965(昭和40)年5月に、第2回世界仏教婦人会大会がニューヨークで開催されました。このとき《慈悲の心で平和を》がテーマとなったのがはじまりです。

このテーマを具体的に実行するために、「布施の日を毎年2月第2日曜日に制定します。物心両面からの布施行を行い、この日に納められたご懇志は、社会事業のために寄付すること」と決議されました。この決定を受けて、〈布施〉という言葉に〈ダーナ〉をあてることを決めました。
2月は、「仏教婦人会連合本部」と称していた時代、本部長としてご教導くださった九條武子様のご往生の月にあたります。武子様の数多いご功績のうちでも、特に知られているのは、関東大震災の際、社会福祉のためにご尽力されたことでした。そのお志を胸に刻み、微力ながらもご遺志を受け継ごうという願いのもと、ダーナの活動は2月がスタートとなりました。

だれにでもできるダーナ

仏教婦人会総連盟では「慈しみのこころ」「支えあうこころ」「助け合うこころ」を実践する「ダーナ活動」を推進しています。

ダーナとは仏教語で「布施」(施し)のことで、法施(真実の仏法を伝え広める)・財施(金品を分かち合う)・無畏施(恐れを除き、癒しと勇気を与える)・無財の七施(思いやり、ささえあうこころ)などに分かれます。

 

なかでも無財の七施は、いつでも、どこでも、だれでも、自分のできる範囲で実践できるもので、思いやりのある生き方を示すものです。

ダーナ基金はこのように使われています

2020(令和2)年度仏教婦人会総連盟ダーナ活動方針

仏教婦人会総連盟では「慈しみのこころ」「支えあうこころ」「助け合うこころ」を実践する「ダーナ活動」を推進しています。
ダーナとは仏教語で「布施」(施し)のことで、法施(真実の仏法を伝え広める)・財施(金品を分かち合う)・無畏施(恐れを除き、癒しと勇気を与える)・無財の七施(思いやり、ささえあうこころ)などに分かれます。なかでも無財の七施は、いつでも、どこでも、だれでも、自分のできる範囲で実践できるもので、思いやりのある生き方を示すものです。

 

「ダーナの日」<毎年2月の第二日曜日:世界仏教婦人会大会で制定>を中心に寄せられたダーナ献金は、担当のダーナ委員会で協議を重ね、評議員会の承認を受け、目的に応じて国内、国外のさまざまな活動に届けさせていただきました。

●社会福祉事業への支援

(1)宗門内の社会福祉活動への支援

(2)宗門外の社会福祉活動への支援

●貧困の克服に向けて取り組む

(1)宗門重点プロジェクト〈貧困の克服に向けて~〜Dana for World Peace〜 -子どもたちを育むために-〉への取り組み

●人権擁護活動への支援

(1)特定非営利活動法人日本国際ボランティアセンター(JVC)を通じて、アフガニスタンの平和への取り組み活動および教育への支援

●教育・環境保護活動への支援

(1)京都ライトハウスにおける点字教材作成

(2)全国の点字図書館・盲学校への点字教材・デイジー録音CDの贈呈活動

(3)特定非営利活動法人への支援

●災害見舞金

(1)国内での災害

(2)国外での災害

●活動支援金

(1)災害復興に対して、直接的・間接的に被災者の生活を支えるために現地で被災者支援活動を行う機関やNPOへの寄託金

●ユニセフ(国連児童基金)指定寄付

(1)ブータンの早期幼児開発支援
ユニセフへの支援は1986年にスーダンの飢える子をなくする運動として始まり、1994年まで継続され、現在はブータンにおける質の高い早期幼児開発(ECCD)への支援を実施

●ビハーラ活動への参画

(1)ビハーラ活動に積極的に参画する