機関誌『めぐみ』とは?

機関誌『めぐみ』は、仏教婦人会総連盟が発行している機関誌です

『めぐみ』は、仏教婦人会総連盟が発行している機関誌です。

『めぐみ』の発刊は、1952(昭和27)年4月にさかのぼります。
この前年に総連盟第1回総会が開催され、「全国の会員が輪を広げてゆけるような機関誌がほしい」という要望から、発刊のはこびとなったのでした。
めぐみの由来は九絛武子様のご著書『無憂華』の中に

・・・光と離れて生き得ない私たちであるところに、他力廻向のめぐみが仰がれる。光のなかに生くる者は、最も恵まれた者である。

とあり、この一文からつけられました。

機関誌『めぐみ』内容例

最新号の主な掲載内容

244号

カラーページ
  • 巻頭詩
    絵 新潟教区元上組極楽寺住職 消しゴムはんこ作家 麻田弘潤 / 詩 仏教婦人会総連盟講師 田中信勝   
  • 対談「豊かな世界を感じあう」
    上田假奈代さん×赤井智顕さん 
  • 仏典童話 第7回「ライオンと虎が去った森」
  • 季節をたずねる 冬・国府
  • 漫画「おひさまポルテ」vol.3 ご縁
    育児漫画家 高野優
    ことばとの出あい(熊本教区八代組勝明寺)
法話「『阿弥陀経』のご縁(2)」
仏教婦人会総連盟講師 天岸淨圓
めぐみおしゃべりティータイム
―選択?ご縁?―
「SDGsに学ぶ~つながりの中に~」

浄土真宗本願寺派総合研究所上級研究員 岡崎秀麿

メロディーの宝石箱
「あなたがいるからあったかい」

シリーズ 恵信尼さま「山を出でて」

行信教行講師 山本攝叡

仏事入門 

「言葉ってむずかしいですね part6」
仏教婦人会総連盟講師 花岡静人

総連盟だより

仏教婦人会綱領 新教材のお知らせ
如月忌勤修につて  
ダーナ献金緊急災害見舞金