新型コロナウイルスに罹患された方、その関係者の皆さまに、心よりお見舞い申しあげます
インフォメーション
2020.06.25

機関紙『めぐみ』250号「詩」を追加

2020.06.25

機関紙『めぐみ』250号概要をご紹介

2020.06.24

新教材のお知らせ

2020.06.24

『三つの密』を避けた仏婦活動

2020.04.08

仏教婦人会綱領推奨歌「ねがいの歌」の紹介

2020.04.06

機関紙『めぐみ』249号「詩」を追加

2020.04.06

機関紙『めぐみ』249号概要をご紹介

2020.03.26

2020(令和2)年度ダーナ活動方針、献金の流れ、交付先施設を更新

2020.03.13

2020(令和2)年度仏教婦人会総連盟活動方針・事業計画

2020.01.30

機関紙『めぐみ』248号「詩」を追加

2020.01.30

機関紙『めぐみ』248号概要をご紹介

2020.01.14

如月忌(九條武子様のご命日)をお勤めいたします

2019.12.07

第16回世界仏教婦人会大会 開催報告

2019.10.28

機関紙『めぐみ』247号「詩」を追加

2019.10.28

機関紙『めぐみ』247号概要をご紹介

2019.10.16

2019 交換学生プログラム報告

2019.06.17

機関誌『めぐみ』246号「対談」について

2019.06.17

機関紙『めぐみ』246号「詩」を追加

2019.06.17

機関紙『めぐみ』246号概要をご紹介

2019.05.13

2019年度仏教婦人会総連盟ダーナ活動方針

2019.05.13

2019年度仏教婦人会総連盟総会を開催しました

2019.05.13

機関紙『めぐみ』245号「詩」を追加

2019.05.13

機関紙『めぐみ』245号概要をご紹介

仏教婦人会総連盟とは?

仏教婦人会は、浄土真宗のみ教えをよろこび、依りどころとする私たちの集まり

仏教婦人会は、浄土真宗のみ教えをよろこび、依りどころとする私たちの集まりであり、親鸞聖人がお説きになった浄土真宗のみ教えを聞かせていただくことが、活動の根本であります。(大谷流豆美総裁さま「めぐみ」227号巻頭言より)

ダーナとは?

ダーナのはじまり

1965(昭和40)年5月に、第2回世界仏教婦人会大会がニューヨークで開催されました。このとき《慈悲の心で平和を》がテーマとなったのがはじまりです。
このテーマを具体的に実行するために、「布施の日を毎年2月第2日曜日に制定します。物心両面からの布施行を行い、この日に納められたご懇志は、社会事業のために寄付すること」と決議されました。この決定を受けて、〈布施〉という言葉に〈ダーナ〉をあてることを決めました。
2月は、「仏教婦人会連合本部」と称していた時代、本部長としてご教導くださった九條武子様のご往生の月にあたります。武子様の数多いご功績のうちでも、特に知られているのは、関東大震災の際、社会福祉のためにご尽力されたことでした。そのお志を胸に刻み、微力ながらもご遺志を受け継ごうという願いのもと、ダーナの活動は2月がスタートとなりました。

機関誌『めぐみ』とは?

『めぐみ』は、仏教婦人会総連盟が発行している機関誌です

めぐみの由来は九絛武子様のご著書『無憂華』の中に
・・・光と離れて生き得ない私たちであるところに他力廻向のめぐみが仰がれる。光のなかに生くる者は最も恵まれた者である。

とあり、この一文からつけられました。